平成21年9月3日  
  お客様各位  
   三電計装株式会社  
 

 平成21年11月1日より「太陽光発電の新たな買取制度」がスタートします。
 
   


拝啓 初秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度新エネルギー庁では、低炭素社会づくりに向けた一環として太陽光発電のますますの普及促進のために、従来の太陽光発電システムの発電した余剰電力の買取制度をさらに拡充した買取制度がスタートすることになりました。
新たな買取制度とは、住宅用で太陽光発電だけを設置している場合、余剰電力を1キロワットあたり48円で10年間電力会社に売ることが出来る制度です。
このことにより、買取金額が従来の約2倍となり、初期コストを大幅に早い期間で削減できることになりますし、地球環境に貢献できるとともに電気代という経費がさらに大幅に削減できたり、太陽光発電が発電しない時に使った支払う電力料金よりも余剰電力を売った電力料金の方が上回ることも大いに期待できます。
つきましては、第一報をお知らせしますと共に具体的な契約変更などの日程等が分かり次第随時ご報告させていただきます。
 
   敬具  
 
※詳しくは、
     
     新エネルギー庁のホームページ  http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html
     
     経済産業ジャーナル (経済産業省) http://www.meti.go.jp/publication/data/newmeti_j/meti_j_09_9_10/